映画『マミー』

8月3日(土)[東京]シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

監督:二村真弘
プロデューサー:石川朋子 植山英美(ARTicle Films)
撮影:髙野大樹 佐藤洋祐 オンライン編集:池田聡
整音:富永憲一 音響効果:増子彰
音楽:関島種彦 工藤遥 製作:digTV 配給:東風
2024年|119分|DCP|日本|ドキュメンタリー 
(C)2024digTV

お問合せ:info@tongpoo-films.jp

映画『マミー』

8月3日(土)[東京]シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

監督:二村真弘
プロデューサー:石川朋子 植山英美(ARTicle Films)
撮影:髙野大樹 佐藤洋祐 オンライン編集:池田聡
整音:富永憲一 音響効果:増子彰
音楽:関島種彦 工藤遥 製作:digTV 配給:東風
2024年|119分|DCP|日本|ドキュメンタリー 
(C)2024digTV

お問合せ:info@tongpoo-films.jp

  • note

INTRODUCTION

和歌山毒物カレー事件
1998年7月、夏祭りで提供されたカレーに猛毒のヒ素が混入。67人がヒ素中毒を発症し、小学生を含む4人が死亡した。犯人と目されたのは近くに住む林眞須美。凄惨な事件にメディア・スクラムは過熱を極めた。自宅に押し寄せるマスコミに眞須美がホースで水を撒く映像はあまりにも鮮烈だった。彼女は容疑を否認したが、2009年に最高裁で死刑が確定。今も獄中から無実を訴え続けている。
事件発生から四半世紀、最高裁判決に異議を唱える。
本作は「目撃証言」「科学鑑定」の反証を試み、「保険金詐欺事件との関係」を読み解く。「まぁ、ちょっと、どんな味すんのかなと思って舐めてみたわけ」とヒ素を使った保険金詐欺の実態を眞須美の夫・林健治があけすけに語り、確定死刑囚の息子として生きてきた林浩次(仮名)が、なぜ母の無実を信じるようになったのか、その胸のうちを明かす。林眞須美が犯人でないのなら、誰が彼女を殺すのか? 二村真弘監督は、捜査や裁判、報道に関わった者たちを訪ね歩き、なんとか突破口を探ろうとするのだが、焦りと慢心から取材中に一線を越え…。
映画は、この社会のでたらめさを暴露しながら、合わせ鏡のようにして、私たち自身の業や欲望を映し出す。映画は、この社会のでたらめさを暴露しながら、合わせ鏡のようにして、私たち自身の業や欲望を映し出す。

和歌山毒物カレー事件とは

和歌山毒物カレー事件とは
1998年7月25日、和歌山市園部地区の夏祭りで提供されたカレーを食べた67人が急性ヒ素中毒を発症、そのうち4人が死亡。同年12月、和歌山県警はカレーへのヒ素混入による殺人と殺人未遂容疑で林眞須美を逮捕。1999年5月、初公判。林眞須美は、過去の保険金詐欺は認めるものの、カレー事件をはじめとするヒ素関連事件については否認。続く二審からは無実を訴えた。2009年5月、最高裁で死刑が確定。戦後日本で11人目の女性死刑囚となる。2024年2月、弁護団が3回目の再審請求を和歌山地裁に申し立てる。林眞須美は現在も大阪拘置所に収容されている。

コメント

順不同・敬称略
  • この映画はスクープだ。
    そして誤解を恐れず言えば、痛切なるエンタメ作品だ。
    「執行されてしまったら取り返しのつかないことになる」と思い、調べ始めた
    二村真弘監督の取材の深さはもちろん、撮影・構成・編集などの表現力も一級品。
    同業者として脱帽、と同時に嫉妬した。

    大島 新
    (ドキュメンタリー監督)


  • 衝撃的な「映画」だ。事件の当事者の人々の、語る内容はもちろん、その語り口、声、身体は、こちらの安易な予断を悉く裏切っていく。家族の、親子の、夫婦の、人間の計り知れなさ。膨大な時間の中の絶望と、しかし、それに抗う力を感じた。

    押見修造
    (漫画家)


  • 多くの人が「その話はもうやめてくれ」と逃げる。
    なぜ、逃げるのか。なぜ、カメラの前で語らないのか。
    各人の後ろめたさが渦となり、問いかけてくる。

    武田砂鉄
    (ライター)


  • マスコミが誰かの逮捕の場面を撮影し報道すると、視聴者はこの人が犯人と確信してしまいます。
    警察と組んだマスコミが推定無罪の原則を無視することが冤罪の出発点です。
    死刑囚がわずかでも犯人ではない可能性があったら、再審開始すべきです。
    『マミー』という映画が多くの国民を考えさせ、より良い司法制度に繋がってほしい。

    西村カリン
    (仏「リベラシオン」紙/「ラジオ・フランス」特派員)


  • もしもあなたが、当時の報道をそのまま信じ込んでカレー鍋にヒ素を入れたのは林眞須美死刑囚に決まっていると思っているのなら、絶対にこの映画を観て衝撃を受けるべきだ。
    その後に考えてほしい。自分たちは何を間違えたのか。なぜ思い込んだのか。

    森達也
    (映画監督、作家)


  • あの人が殺(や)ってるしかない――。作中の市民の声は、多くの人々の考えであろう。
    事件を一から洗い直した徹底取材が、私たちの固定概念を覆(くつがえ)していく。
    誰がやったかではなく、やっていないのかを検証した超絶ドキュメンタリー。

    角岡伸彦
    (ノンフィクション・ライター)


  • あの頃9歳だった自分もまわりの大人も、報道陣に水を撒く林眞須美さんの姿だけを見て、彼女を“悪人”だと判断していた。報道陣が市井の人の私生活を土足で踏み荒らす異常さにも気付かずに。

    これは当時“魔女狩り”に加担したすべての人に向けられた反証。メディアが無責任にも放棄したその後の役割を、すべて背負わんとする覚悟と執念が全編に漲っていた。本年の最重要作。

    ISO
    (ライター)


  • 不思議な映画だ。何重にも入れ子構造になったテーマが見る者を惑わせる。
    冤罪告発、息子と母の関係、不可思議な家族に加えて、監督自身が大きな存在としてせり出している。一度も画面に登場しない林眞須美が真の主役かもしれない。一筋縄ではいかない本作は、ドキュメンタリーのあり方を根底から問いかける問題作となるだろう。

    信田さよ子
    (公認心理師)


  • 和歌山カレー事件には被害者、加害者、報道、警察、検察……多くの関係者がいる。それぞれの立場から見え方が異なる事件である。では、自分は当時どう見ていたのか。今はどうなのか。本作を鑑賞後に見方を修正する必要があるのか、どうなのか。自問自答と決断を迫る作品だ。

    丸山ゴンザレス
    (ジャーナリスト)


  • 林眞須美の保険金詐欺の「被害者」とされた夫が語る真実が衝撃。警察、検察、マスコミ、裁判官によるでっち上げ。こんなひどい話があるだろうか? ある。今の日本は他も全部、こんな状況だ。取材していた監督が怒りのあまり一線を越えてしまうほどに。

    町山智浩
    (映画評論家)







スタッフメッセージ

  • 私は何かとんでもない思い違いをしているのではないか。取材中、何度も自問した。
    林眞須美は手練れの詐欺師で、ふてぶてしい毒婦で、夫をも殺そうとした冷酷な人間であったはずなのに、取材によって得た事実はそれとは全く違う姿を映し出していた。
    これで死刑判決が下されたのか…。空恐ろしさを感じた。

    二村真弘
    (監督)

  • この企画は、いくつかのテレビ局に持ち込んだが「死刑判決が確定している事件を扱うのは難しい」と言われ実らなかった。それなら映画にしようと監督が撮影に入ると、取材先で度々新聞やテレビの記者に出くわした。しかし、彼らは冤罪の可能性について取材していても、大々的に報じることはなかった。死刑判決にこれだけ疑義があることがわかっていて、なぜ。監督の疑問と憤りが、今回の映画の原動力になっている。

    石川朋子
    (プロデューサー)

プロフィール

  • 監督:二村真弘
    (にむら・まさひろ)

    1978年愛知県生まれ。日本映画学校(現・日本映画大学)で学び、2001年よりドキュメンタリージャパンに参加、11年からフリーランスとしてテレビ番組の制作を手掛ける。統合失調症からの回復を引き出す日本独自の手法を描いた「見る当事者研究」(15/DVD作品)、東日本大震災の被災者たちが身内にだけ語ってきた“笑える話”を聞き取った「千原ジュニアがゆく 聞いてけろ おもしぇ~話」(17/NHK総合)、ネジ一本から手作りする独立時計師を1年以上追った「情熱大陸/菊野昌宏」(19/MBS)、講談師・神田松之丞の真打昇進、6代目神田伯山襲名までの半年を追った「情熱大陸/松之丞改め神田伯山」(20/MBS)、我が子が不登校になったことをきっかけに学校のあり方、家族のあり方を描いたセルフドキュメンタリー「不登校がやってきた」シリーズ(21~/NHK BS1)など。本作『マミー』は初映画監督作品。
  • プロデューサー:石川朋子
    (いしかわ・ともこ)

    1991年にドキュメンタリージャパンに参加しディレクターとして番組を制作。2007年からプロデューサーとして活動。「ドキュメンタリーWAVE」「BS1スペシャル」(NHK BS1)などを制作。二村監督とは、自身の子供の不登校の生活を描いた「不登校がやってきた」シリーズ(21〜/NHK BS1)を制作。
    プロデュースした主な映画作品に、バレエダンサー首藤康之のドキュメンタリー映画『今日と明日の間で』(11/小林潤子監督)、コメディアンのウーマンラッシュアワー・村本大輔を追った『アイアム・ア・コメディアン』(22/日向史有監督)が24年7月6日より劇場公開。現在はフリーランス。

劇場情報

8月3日(土)[東京]シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
特典「映画鑑賞ガイド」つき
全国共通特別鑑賞券
1500円(税込)発売中
(オンライン座席予約には使用できません)
全国共通特別鑑賞券
2024年7月19日現在

北海道・東北

地域 劇場 電話番号 公開日
北海道
札幌市
シアターキノ 011-231-9355 9月7日(土)~
備考
北海道
苫小牧市
シネマ・トーラス 0144-37-8182 近日公開
備考
宮城県
仙台市
フォーラム仙台 022-728-7866 8月23日(金)~
備考
山形県
山形市
フォーラム山形 023-632-3220 9月13日(金)〜
備考
福島県
福島市
フォーラム福島 024-533-1515 8月30日(金)~
備考

関東

地域 劇場 電話番号 公開日
東京都
渋谷区
シアター・イメージフォーラム 03-5766-0114 8月3日(土)~
備考
神奈川県
横浜市
横浜 シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 8月3日(土)~
備考
神奈川県
横浜市
横浜シネマリン 045-341-3180 8月3日(土)~
備考
群馬県
高崎市
シネマテークたかさき 027-325-1744 8月26日(金)~
備考

中部

地域 劇場 電話番号 公開日
愛知県
名古屋市
ナゴヤキネマ・ノイ 052-734-7467 8月17日(土)〜
備考 *火曜定休
静岡県
静岡市
静岡シネ・ギャラリー 054-250-0283 8月30日(金)~
備考
長野県
長野市
長野相生座・ロキシー 026-232-3016 近日公開
備考
富山県
富山市
ほとり座 076-422-0821 8月31日(土)〜
備考
新潟県
新潟市
シネ・ウインド 025-243-5530 近日公開
備考
新潟県
上越市
高田世界館 025-520-7626 近日公開
備考 *火曜定休

近畿

地域 劇場 電話番号 公開日
大阪府
大阪市
第七藝術劇場 06-6302-2073 8月3日(土)~
備考
京都府
京都市
京都シネマ 075-353-4723 8月3日(土)~
備考
兵庫県
神戸市
元町映画館 078-366-2636 8月3日(土)~
備考

中国・四国

地域 劇場 電話番号 公開日
岡山県
岡山市
シネマ・クレール 086-231-0019 10月11日(金)~
備考
広島県
広島市
横川シネマ 082-231-1001 8月24日(土)~
備考
広島県
尾道市
シネマ尾道 0848-24-8222 近日公開
備考
香川県
高松市
ソレイユ・2 087-861-3302 8月9日(金)~
備考
愛媛県
松山市
シネマルナティック 089-933-9240 8月17日(土)~8月23日(金)
備考 *火曜定休

九州・沖縄

地域 劇場 電話番号 公開日
福岡県
福岡市
KBCシネマ1・2 092-751-4268 8月3日(土)~
備考
宮崎県
宮崎市
宮崎キネマ館 0985-28-1162 近日公開
備考
大分県
大分市
シネマ5 097-536-4512 近日公開
備考
熊本県
熊本市
Denkikan 096-352-2121 近日公開
備考
鹿児島県
鹿児島市
ガーデンズシネマ 099-222-8746 8月28日(水)〜8月31日(土)
備考
沖縄県
那覇市
桜坂劇場 098-860-9555 8月17日(土)~
備考
Pagetop